閉じる

茨城県潮来市の斎場・葬儀場一覧

もっと見る

茨城県潮来市の葬儀場を探すページです

茨城県潮来市周辺には、潮来ホールセレモニーホール潮来斎場JA祭典 なめがた潮来ホールといった斎場・葬儀場が存在します。潮来市で斎場・葬儀場の情報をお探しですか?家族葬や一日葬・火葬式などの葬儀を行う場所は、ご自宅や寺院の式場、便利な総合斎場やセレモニーホールなどが候補となります。「みんなが選んだお葬式」では、斎場やセレモニーホールを調査。それぞれの機能や評価などをご覧いただき、申込みの流れなど、ご不明点があれば、些細と思われることでも遠慮なくお電話でご相談ください。家族葬や一日葬、火葬式をどこで行うのがよいか?その選び方や段取りの仕方をはじめ、式場・火葬場の手配までを含めてサポートいたします。潮来市で利用者が多い式場・火葬場、参列者が集まりやすい便利なセレモニーホールを検索!施設予約や空き日程の確認・利用状況などのお問合せも承りますので、まずはご相談ください。写真を見ながら場所の雰囲気や価格相場を近隣の斎場・葬儀場とで比較したり、新設セレモニーホールなどの最新情報をチェックしたりなどの情報収集を行って潮来市の最適な斎場・葬儀場をご確認ください。

最終更新日:
エリア
  • 茨城県
  • 潮来市
こだわり条件
  • 指定なし
近隣のエリアから探す
20件中 1~20件を表示中
20件中 1~20件を表示中

茨城県潮来市の葬儀場アクセスランキング

葬儀場の口コミ

★★★★★
柔軟に対応して頂きました
O様の口コミ
実際に使用した際に親切に対応して頂いたことを覚えています。料金も補償などを使ったということもありますが、とても安かったことを覚えています。色々こちらの意見も聞いていただき、柔軟に対応して頂きました。立地としましては前の道路が交通量が多く、少し出入りがしにくいなと思いました。
2024/01/25

潮来市の葬儀費用・平均相場

潮来市の葬儀費用について。葬儀料金には地域差があり、火葬のみ、一日葬、家族葬、一般的なお葬式のそれぞれで必要な金額が異なります。また、葬儀費用の相場もまちまちで、利用する式場、物品のグレード、宗旨宗派などによっても異なります。正確な葬儀費用を知るためには「人数」「場所(式場、火葬場)」「宗教形式」の3項目を仮設定し、条件を揃えた上での見積りを葬儀社、葬儀屋さんに依頼することが重要です。まずは潮来市の各葬儀場の特徴、おすすめの葬儀社・葬儀屋さんなどをご覧いただき、ご要望にあいそうな所に目星を付けることをおすすめします。「みんなが選んだお葬式」では、後悔しないために役立つ情報を提供しておりますので、潮来市の葬儀費用・料金について少しでも不安や心配事があれば、些細と思われることでも、遠慮なくお電話でご相談ください。

みんなが選んだお葬式では、厳選審査を経た優良な会社のみをご紹介しています

人をお送りする時、送る側にとってもとても負担が大きいものです。精神面と金銭面の負担がのしかかります。
心から良かったと思えるお葬式を行うためには、あなたのために親身になってくれる葬儀屋さんによるサポートが欠かせません。

みんなが選んだお葬式で、
後悔のない葬儀

葬儀費用の相場・目安金額

葬儀費用は、人数・場所・宗教形式などの条件により金額が変わります。そのため、一概には言えないものですが、ある程度の目安は知りたいものです。ここでは、ご逝去直後から葬儀が終了するまでの目安金額として参考までにご覧ください。

火葬式
20万円~50万円

直葬や安置条件、棺のグレードなどにより変動

家族葬
50万円~150万円

自宅かそれ以外か、返礼品・飲食などを用意するかなどで変動

お葬式
90万円~190万円

自宅かそれ以外か、返礼品・飲食などが人数により変動

葬儀費用は、100人いれば100通り。気持ちを込めたい部分や省きたい所などをふまえて、専門家と相談しながら適正価格を見出すことが大切です。やり直しがきかない葬儀のこと。納得・満足のいくお見送りにするためには、けして広告金額に流されることなく、条件などを明確にして信頼できる葬儀社から説明を受け、実際に則した見積りを作成してもらうことが重要になります。

潮来市で最低限かかる費用

最低限かかる
費用

これより安い葬儀には注意!

20万円

これは、行政主体で行われる場合の最低限の葬祭費です。

生活保護法に則し地域で定めている最低限の葬祭費で、お葬式はせずに火葬のみを行った場合の費用です。例えば、ご事情のある方などが亡くなった場合、警察で身元や身寄りを調べても見つからないことがあります。こうした場合には死亡地の区や市が主導となって葬送を行います。この際、最低限必要になる物品、経費負担の少ない日程、人件費での葬祭費が、206,000円です。
東京23区以外の地域でも厚生労働省の級地表で1級地-1地域にあたる市区では同額が最低金額になります。火葬のみと言っても、人を一人送るためには最低でもこのくらいのコストがかかります。葬儀費用の相場を調べるときに、火葬式で200,000円以下という表示を見たら、「あとで追加料金が発生する可能性が高い」と言えるので注意してください。

※生活保護法の葬祭費は、地域別に上限が定められています。その際、かかわってくるのが「級地」です。
東京23区は1級地で、その他も人口の多い市区の多くは1級地に指定されています。

葬儀費用の総額を知る3つのポイント

葬儀費用の内訳

葬儀本体

葬式の請負、
運営進行など

物品関係

お棺、
シーツなど

車両関係

寝台車など

飲食接待費用

料理、
返礼品など

火葬関係

火葬料金、
収骨容器など

会場費用

自宅で行う
場合は0円

葬儀費用の内訳は「葬儀一式費用」「通夜からの飲食接待費」「寺院費用」と大きく3つにわけられています。
飲食接待費は人数によって変動しますし、会場費用は利用会場によって変動します。
葬儀社の見積り確認時にはこれらが明確に見積られているか内容を理解してしっかりと確認することが必要です。

葬儀費用の総額を知る
3つのポイント

ポイント1

実際に利用する地域の
火葬場料金が全額含まれていますか?

広告の葬儀費用には火葬場の料金が含まれていないことが多くあります。
事実、東京都の大半、神奈川県と埼玉県の一部では火葬料金が他県と比べて高額ですので必ず確認しましょう。
別途で追加料金になるプランは、他にも色々と追加になる可能性がありますのでご注意ください。

広告の葬儀費用には火葬場の料金が含まれていないことが多くあります。
事実、東京都の大半、神奈川県と埼玉県の一部では火葬料金が他県と比べて高額ですので必ず確認しましょう。
別途で追加料金になるプランは、他にも色々と追加になる可能性がありますのでご注意ください。

ポイント2

式場の利用料金が含まれていますか?

式場名がハッキリ明記されていない場合は注意!
料金は施設ごとに違うので指定がなければ信憑性に欠けます。
実際に利用する式場料金が全額含まれているかを必ず確認しましょう。

式場名がハッキリ明記されていない場合は注意!
料金は施設ごとに違うので指定がなければ信憑性に欠けます。
実際に利用する式場料金が全額含まれているかを必ず確認しましょう。

ポイント3

人数が明確に設定されていますか?

何名と明確に人数設定がない、または~〇〇名程度などと数が曖昧なプランは危険!
例えば、5名と10名でも事情が異なり、控室・車両・返礼品・飲食費などの必要なものが変わってきます。
人数が曖昧なプランは不足が起こり、当日に困る事態が生じやすくなりますので注意しましょう。

何名と明確に人数設定がない、または~〇〇名程度などと数が曖昧なプランは危険!
例えば、5名と10名でも事情が異なり、控室・車両・返礼品・飲食費などの必要なものが変わってきます。
人数が曖昧なプランは不足が起こり、当日に困る事態が生じやすくなりますので注意しましょう。

安すぎる葬儀に注意

最初は安く見えた!のに・・・
最終的には高額の葬儀費用を請求された…。

なぜなら

プランに含まれていないものには追加料金がかかるカラクリだからです。

広告には「追加料金一切不要」「一律○○円パック」などと記載があっても、プランは実は条件付きで、本当に必要なものすべてを含んだ額ではありません。結局は追加料金が発生し、終わってみるとかえって請求額が高くなってしまった、なんてことが大半です。免許のいらない葬祭業は業者の色も様々で、中には心ない対応の葬儀社もあります。
葬儀は、いったん依頼すると簡単には後戻りしにくいものです。そのような事情につけこんで、誤解を招くような広告をしている会社には十分注意しましょう

東京都・神奈川県・埼玉県の大半の地域で火葬場料金の割増が発生します
さらに、主要な式場料金が含まれていないため、どこか式場を借りて行う場合には、公営斎場2~10万円、民営斎場10~30万円ほどの利用料金が追加になります。特定の斎場を利用する場合は金額が大幅に高くなるのです。

でも、もしものときにちゃんとした葬儀を探して
比較する時間はなかなかとれない…

みんなが選んだお葬式で探せば安心!

もっと見る

潮来市の概要

潮来市の地理

茨城県の南東部、東京から約80kmの地に位置する潮来市は、美しい水郷地帯として知られます。

西の霞ヶ浦と東の北浦、南の外浪逆浦に囲まれ、市内を前川が流れるこの地域は、水辺の風光明媚な風景と田園地帯が広がる自然豊かなエリアです。

米栽培が盛んな南部の田園地帯から、北部の台地にはゴルフ場や緑地公園が点在し、四季折々の楽しみを提供します。
また、水郷筑波国定公園があり、自然愛好家にとって魅力的なスポットです。

潮来市の人口

潮来市は、常住人口約2万6,642人、世帯数約1万0,777世帯(令和5年4月1日現在)の地域です。
年齢構成では15歳未満が10.2%、15〜64歳が54.9%、そして65歳以上が一定の割合を占めています。

産業別の就業人口割合を見ると、第1次産業が3.98%、第2次産業が30.25%、そして市の大部分を占める第3次産業が65.77%となっています。(令和2年国勢調査)

このデータから潮来市の人口は比較的均衡しており、産業構造も多様性に富んでいることが見受けられます。

潮来市の面積

潮来市は茨城県の南東部に位置し、総面積は71.40平方kmです。

地形は東西約12km、南北13kmとコンパクトで、北部には海抜30mから40mの行方大地が南北に広がります。

潮来市の特徴

潮来市の歴史

潮来市は、その歴史を通じて多くの変遷を経験してきました。
縄文時代早期から人々が定住し始め、多くの遺跡が現存しています。

弥生時代末期から6世紀後半にかけては、多くの古墳が築造され、大和朝廷の東国経営が進展しました。

中世の時代には、桓武平氏の一派である常陸大掾氏が支配を担い、その結果として潮来地方の開発が進展しました。

一方、源頼朝は潮来地域に海雲山長勝寺を設立し、その後の年月を通じて多くの詩人や画家がこの地を訪れて数多くの傑作を残してきました。

近世に入ると、潮来地方は水戸藩領と麻生藩領に分かれ、江戸時代を通じて分割支配が続きました。
その後、明治新政府の誕生とともに、地方自治が確立され、現在の潮来市が形成されました。

潮来市は、その歴史と文化を通じて、多くの魅力と価値を持つ地域です。
その歴史を知ることで、潮来市の現在と未来をより深く理解することができます。

潮来市の文化

潮来市は、その豊かな自然と文化で知られています。

市内には、毎年5月から6月にかけて開催される「水郷潮来あやめまつり」の会場となる水郷潮来あやめ園があり、約500種、100万株ものあやめが植えられています。

また、市内には「十二橋めぐり」という、水路を巡る観光スポットもあります。
さらに、市内には「茨城県水郷県民の森」や「権現山公園」など、自然を満喫できる場所も多く存在します。

また、潮来市はその歴史と文化も魅力の一つです。

市内には、源頼朝が創建したと伝えられる「長勝寺」や、昔ながらの白壁が美しい酒蔵を見学できる「愛友酒造」など、歴史を感じることができるスポットが点在しています。

さらに、市内には「水郷旧家磯山邸」という、明治時代に建築された日本家屋があり、ここでは季節の行事に関する飾りやイベントが実施されています。

潮来市は、その自然と歴史、文化が融合した魅力的な地域です。
その美しい風景と、地元で育まれた文化を体験することで、訪れた人々に深い印象を残すことでしょう。

潮来市の産業

潮来市の産業は、第一次から第三次まで多様な産業が活動しています。
第一次産業、特に農業では、市内の豊かな田園地帯での米栽培が盛んです。

次に、第二次産業では、市の北部に潮来工業団地が広がり、その中で昭和産業などの大手企業が製造業を展開しています。

そして、第三次産業は、潮来駅周辺や国道51号沿いに商業地域が形成され、様々な商業活動が活発です。

その中でも、ショッピングプラザラ・ラ・ルーは市民の買い物やレジャーのスポットとして多くの人々に利用されています。
潮来市は、これら三つの産業のバランスが良い地域です。

潮来市の葬儀事業

茨城県潮来市の葬儀事業について、地域の独特な葬儀習慣と共に紹介します。
潮来市は茨城県の一部で、地域の伝統として特異な葬儀の慣習が数多く残っています。

その一つが、葬儀前に火葬を行う「骨葬(前火葬)」です。
また、地域共同体としての組や班が葬儀の手伝いを行うという、土葬時代と変わらぬ慣習も継承されています。

潮来市の葬儀事業は、これらの地域の伝統を尊重し、それぞれの家族のニーズに応じたサービスを提供しています。

また、地域の繋がりが強いため、葬儀が行われると、相互扶助の精神で地域の人々が駆けつけるのが一般的です。
これは、潮来市の葬儀事業が地域の絆を深め、人々が互いを思いやる機会を提供していることを示しています。

さらに、潮来市の葬儀事業は、葬儀の際に特別な供物を提供するという独特な習慣も尊重しています。
例えば、「ぼた飯」は、炊いたご飯の上にこし餡をのせたもので、葬儀の引出物や法要の供物として用いられます。

これらの独特な習慣は、潮来市の葬儀事業が地域の文化を大切にし、故人を敬うためのさまざまな方法を提供していることを示しています。

潮来市の葬儀事業は、地域の伝統を尊重しながらも、現代のニーズに対応するための柔軟性も持っています。
これにより、潮来市の葬儀事業は、故人を敬い、家族を支え、地域の絆を深める重要な役割を果たしています。

潮来市の葬儀場探しのコツ

葬儀場の場所を確認する

葬儀場の選択は、故人を偲ぶ一連の儀式に大きな影響を与えます。
その選択の一つの重要な要素が、その場所の「近さ」です。

近くに葬儀場を選ぶことで、面会が容易になり、故人と共有した思い出の多い場所から彼らを見送ることが可能となります。

さらに、移動時間や交通費の削減など、経済的な負担を軽減するという実質的な利点も提供します。

これは特に、葬儀のプロセスが心身のストレスが大きい時期であることを考慮すれば、非常に重要な点となります。

葬儀場を選ぶ際には、その場所が身近な存在であることの意義を十分に理解しましょう。

葬儀場での装飾や花の手配の可否を確認する

装飾や供花にこだわりたい方は、葬儀場での装飾や花の手配ができるかどうかを確認しましょう。
祭壇の装飾は、最初から決められているプランを選んでしまうと変更ができません。

こちらの意向を組んだ装飾をしてくれる葬儀社を選ぶと、故人をイメージした祭壇を作ることができます。供花の手配が出来ないと、供花を贈りたいと申し出があっても受け取ることができません。

葬儀社自体は手配出来ても、斎場によっては供花を受け取れない場所もあります。
斎場で供花を受け取れるかどうかを確認しましょう。

斎場の公式サイトには、供花を受け取れるかの表記がないことがありますのでご注意ください。

自治体のウェブサイトをチェックする

自治体のウェブサイトは、葬儀場探しの大きな手がかりとなります。
例えば、市民葬・区民葬という、自治体が住民へのサービスの一環として行っている葬儀プランが存在します。

これは葬儀の一部分について自治体と協力する葬儀社とで協定料金を定めているため、葬儀費用を比較的安く抑えることが可能です。

ただし、市民葬・区民葬のプランには含まれていない追加のサービスについては、別途発注が必要となりますので、最終的な葬儀費用は個別になります。

また、市民葬・区民葬を利用するための条件や申し込み方法なども自治体のウェブサイトで確認することができます。

これらの情報を活用し、自身の状況に最も適した葬儀場を選ぶことが大切です。

潮来市の葬儀場探しのお役立ち情報

潮来市における最後のお別れの場所として、公営火葬場である霞ヶ浦聖苑が存在します。
霞ヶ浦聖苑は鹿行広域事務組合によって運営され、潮来市は行方市、鉾田市と共にこの施設を利用できます。

なお、公営斎場なので、スタッフへのお清め(金銭や物品)は禁止されています。

火葬場の使用にあたっては、潮来市役所から交付される死体火葬(埋葬)許可証が必要になり、その交付には死亡診断書・死体検案書の提出が求められます。

また、国民健康保険証、年金手帳は使用不能となり、これらは潮来市役所への返還が求められます。

潮来市の住民は家族葬(密葬)や一日葬の傾向が増しており、これは茨城県全体の流れと一致しています。茨城県では、一般的に自宅での葬儀が少なく、公営斎場や葬儀社の斎場で葬儀を行う方がほとんどです。

県全域で見ても、葬儀は約50%が家族葬で、特に東京に近い県南部では、菩提寺を持たない方も多いとされています。

潮来市で葬儀場を探すの際には、上記の情報を参考にしながら、適切な場所とサービスを選ぶことが重要です。

霞ヶ浦聖苑は市民にとって信頼できる場所であり、その利用には適切な手続きが必要となります。
そして、自宅での葬儀よりも葬儀専用斎場での葬儀が主流となっています。

家族葬や一日葬の増加も注目され、それに伴い訃報掲載の有無や通夜振る舞いの慣習も変化してきています。
こうした情報を理解しておくことで、潮来市での葬儀の準備に役立つでしょう。

潮来市の交通事情

潮来市の鉄道

潮来市の交通の中心となるのは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鹿島線です。

この路線は千葉県の香取市から茨城県の鹿島市に至る地方交通線で、潮来市内には潮来駅と延方駅の2つの駅があります。

中心となる潮来駅は市の生活インフラと深く結びついており、市民の生活に欠かせない存在となっています。

また、鹿島線は鹿島サッカースタジアムへのアクセスも可能で、サッカー観戦やイベントに訪れる人々にとっても重要な交通路となっています。

このように潮来市の鉄道は、市民の日常生活だけでなく、レジャーや観光にも大きく寄与しています。

潮来市のバス

潮来市の交通ネットワークは、非常に整備されたバスシステムを誇ります。

ここでは、東京や成田空港、羽田空港、東京ディズニーリゾートへと結ぶ高速バスが運行されており、市内外への移動がスムーズに可能です。

特に、「水郷潮来バスターミナル」は、高速バスと一般路線バスが交差する重要な交通拠点となっています。

また、「あそう号」は地元住民にとって欠かせない交通手段で、牛堀・麻生・北浦・鉾田方面を結びます。これらのバスシステムは、潮来市の生活と観光の両方をサポートしています。

潮来市の高速道路

潮来市の交通の要所となっているのが、東関東自動車道の潮来インターチェンジ(IC)です。
このICは1987年に開通し、それ以来、市内外へのアクセスを大いに便利にしています。

特に、佐原香取ICとの間は車でスムーズに移動が可能で、都市部へのアクセスも容易です。
また、注目すべきは、2025年から2026年の間に予定されている潮来ICと鉾田IC間の開通です。

これにより、市の交通網はさらに強化され、生活の利便性や地域間の連携が一層進むでしょう。
潮来市の発展とともに、交通環境も進化し続けています。

潮来市のおすすめエリア

延方エリア

延方エリアは生活便利性と自然の豊かさが融合した地域です。

自転車で数十分の圏内には、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンターなど多彩なショッピング施設が点在し、日々の生活に必要な物品を容易に手に入れることができます。

車を利用すれば、その移動範囲はさらに広がります。

緑豊かな北浦や広々とした田んぼ、畑が近くにあり、工場などの大規模な産業施設が少ないため、市街地から離れた時間帯には新鮮で清潔な空気を味わうことが可能です。

公園の整備は一部未完成ですが、その他の要素が補完し、快適な住みやすさを提供します。

潮来駅周辺エリア

潮来市の潮来駅周辺は、その利便性と自然環境で知られています。
駅周辺には、バスや高速バスの駅があり、都心へのアクセスが便利です。

ただし、電車やバスの本数が少ないため、時間を確認することが重要です。

自動車を利用する場合は、関東自動車にすぐに乗れ、千葉市や都区内に移動できますが、首都高での渋滞に注意が必要です。

また、潮来駅周辺は、鹿島サッカースタジアムが比較的近くにあり、プロサッカーの試合を楽しむことができます。

さらに、自然環境も良く、移動は自動車でないと行くことが出来ない箇所が多いですが、その分、自然を満喫することができます。

潮来駅周辺は、その便利さと自然環境が魅力の地域です。
その魅力を体験することで、潮来市の生活をより深く理解することができます。

牛堀エリア

潮来市の北部に位置する牛堀エリアは、工業と生活環境が共生する地域として注目を集めています。
この地域の特徴的な存在である「潮来工業団地」には、多数の企業が集結しています。

大手企業である昭和産業を始めとした数々の工場や事業所が、この地で活発な業務を展開しており、潜在的な雇用機会を提供しています。

牛堀エリアは、その高い雇用率から「仕事を求める人々にとっての住みやすいエリア」として評価されています。

さらに、この地は静かな住環境を維持しながらも、潮来市の中心部へのアクセスは非常に良好で、公共交通機関を利用した通勤・通学にも便利です。

働く人々にとっては、仕事とプライベートのバランスを取りやすいエリアとなっています。また、自然環境も豊かで、休日には家族でのアウトドア活動も楽しむことができます。

これらの要素が融合した牛堀エリアは、潮来市の魅力的な生活空間として多くの人々から評価されています。

潮来市のおすすめ観光スポット

長勝寺

潮来市の歴史を象徴する重要な寺院である海雲山長勝寺は、源頼朝により1185年に創建されたとされる古刹です。

源頼朝が武運長久を願って立てたこの寺は、国内で珍しい茅葺屋根の本殿が魅力で、数多くの文化財を所有しています。

特筆すべきは、国の重要文化財である梵鐘で、その銘文から当時の潮来の風景を垣間見ることができます。古代から現代への時間をつなぐ長勝寺は、潮来市の歴史探訪に訪れるべきスポットです。

愛友酒造

水と緑に囲まれた潮来市に位置する愛友酒造は、1804年創業の由緒ある酒蔵です。

ここでは、良質な水と米、そして杜氏の伝統的な技術が絶妙に組み合わさり、多くの賞を受賞した「愛友 大吟醸」などの清酒が生み出されています。

愛友酒造は、「友を愛し、互いに心を通わす」ことを名前の由来とし、創業者の精神「四海皆兄弟」のもと、一杯の酒が人々の心をつなぐ橋渡しとなることを願っています。

また、30分ほどで酒蔵の見学もでき、その製造過程を垣間見ることができます。

水郷潮来あやめ園

水郷潮来あやめ園は、1976年に開園した花の楽園で、約1.3ヘクタールの敷地に美しいあやめが咲き誇っています。

毎年5月下旬から6月下旬に開催される「水郷潮来あやめまつり大会」は、その見頃を祝う一大イベントで、多種多様なあやめが一斉に開花し、園内を彩り、特に6月10日頃が見頃とされています。

また、伝統的な「嫁入り舟」や「あやめ踊り」などの地元イベントも開催され、水郷文化を体験できます。

さらに、「潮来笠記念碑」や「潮来花嫁さん記念碑」も園内に設置されており、そこで有名な歌曲を聴くことができます。
あやめ以外にも桜、ツツジ、藤、紫陽花など四季折々の花を楽しむことも可能です。

みんなが選んだお葬式では、厳選審査を経た優良な会社のみをご紹介しています

人をお送りする時、送る側にとってもとても負担が大きいものです。精神面と金銭面の負担がのしかかります。
心から良かったと思えるお葬式を行うためには、あなたのために親身になってくれる葬儀屋さんが欠かせません。

安心の“みんなが選んだお葬式”認定

  • 評価基準を満たし一定数の実績がある健全経営の会社

  • 1に加えて利用者の満足度の高さを裏付けるエビデンスが確認できた会社

  • 2に加えて利用者の満足度を維持向上し改善なども真摯に行っている会社

一定基準までを満たしていますが、さらに詳細を審査中の会社です。

※このサイトを通すことで費用が高くなることは、一切ありませんのでご安心ください。

みんなが選んだお葬式で、
後悔のない葬儀

葬儀ご依頼の流れ

  • 1まずはご相談!24時間いつでもご遠慮無くお電話ください

    まずは0120-24-1234までお電話ください。

    まずはこちらをタップして(通話無料)お電話ください。

    専門のスタッフは24時間常駐しております。「一旦相談だけしたい」「なにから始めていいかわからない」「葬儀を行いたい」「葬儀場を予約したい」「葬儀費用を知りたい」「故人を自宅や葬儀場へ搬送して欲しい」どのようなことでもご相談ください。

  • 2葬儀社をご紹介

    ご状況、ご希望をお伺いし、お客様に合った信頼できる葬儀社をご紹介します。
    ご遺体のご移動が必要な場合はすぐにお伺いし、ご遺体を安置します。

  • 3ご紹介葬儀社とお打合せ

    お打合せにて、お客様のご希望やイメージを納得がいくまでしっかりとお伺いし、見積書を作成。追加料金の心配がない総額を提示します。
    万一、内容がご要望にあわない時は、お断りいただいてかまいません。実費が発生していない限り無料でキャンセルできます。また、葬儀社を変えたい時にもご案内できる場合がありますのでお気軽にお問合せください。

みんなが選んだお葬式では、
厳選審査を経た優良な会社のみをご紹介しています。

人をお送りする時、送る側にとってもとても負担が大きいものです。精神面と金銭面の負担がのしかかります。心から良かったと思えるお葬式を行うためには、あなたのために親身になってくれる葬儀屋さんによるサポートが欠かせません。

人をお送りする時、送る側にとってもとても負担が大きいものです。精神面と金銭面の負担がのしかかります。心から良かったと思えるお葬式を行うためには、あなたのために親身になってくれる葬儀屋さんによるサポートが欠かせません。

みんなが選んだお葬式で、
後悔のない葬儀

茨城県潮来市の駅の葬儀場を探す

もっと見る

近隣の都道府県から斎場・葬儀場を探す

茨城県潮来市のよくある質問

茨城県潮来市でのおすすめの葬儀場はありますか?

茨城県潮来市でのおすすめの葬儀場は、潮来ホール(潮来)、セレモニーホール潮来斎場(潮来)、JA祭典 なめがた潮来ホール(潮来)、つくばメモリアルホール(つくば)、やすらぎ苑(戸頭)です。みんなが選んだお葬式では、茨城県潮来市の20件の葬儀場から、お客様のご要望に沿った最適なプランをご紹介いたします。

茨城県潮来市での葬儀の費用相場はいくらですか?

茨城県潮来市での葬儀費用の相場・目安金額は、火葬式で20万円〜50万円、家族葬で50万円〜150万円、お葬式で90万円〜190万円です。最低限約20万円かかります。より詳しくはこちらをご覧ください。

葬儀場を選ぶのに迷っていますが、どうしたらいいでしょうか?

おすすめの「葬儀場」をご案内いたします。
下記をご参照いただき、

まずは0120-24-1234までお電話ください。

まずはこちらをタップして(通話無料)お電話ください。

https://www.eranda.jp/sogi/support
閉じる×
葬儀の費用
  • 1
    基本葬儀料金
    基本葬儀料金とは
    基本葬儀料金とは、葬儀本体の運営を葬儀社が請負うにあたり必要となる費用のことで、祭壇の設営や式典運営のための人件費、その他の物品サービスなどが含まれています。
    目安金額
    10万円〜200万円

    (火葬のみ~一般的なお葬式、物品グレード等にもよる)

  • 2
    式場使用料
    式場使用料とは
    式場使用料とは、自宅以外の式場を借りて葬儀を行う際に必要となる費用です。式場候補としては、集会場、寺院、斎場、セレモニーホールなどがあります。
    目安金額
    2万円〜50万円

    (公営施設~寺院式場など)

  • 3
    付帯費用
    付帯費用とは
    付帯費用とは、棺や遺影写真、エンバーミングといった、葬儀に付帯して必要になる費用です。この内容を充実させるかどうかで、葬儀費用の総額も変わってきますし、葬儀全体の充実度や送る気持ちを込めた満足感に影響がでてきます。
    目安金額
    5万円〜20万円
  • 4
    車両費用
    車両費用とは
    車両費用とは、病院などから移動するための寝台車、式場から火葬場へと出棺する霊柩車、参列者を乗せるためのハイヤーやマイクロバスといった車両関係の費用です。
    目安金額
    1.5万円〜5万円

    (寝台車~マイクロバスなど/時間帯や実走行距離による)

  • 5
    返礼費用
    返礼費用とは
    返礼費用は、会葬御礼や香典返しなど、参列者に渡す返礼品の費用のことです。商品ラインナップの豊富さや、余りや予備の取り扱い方法などについても柔軟に対応してもらえるかどうかを事前に葬儀社へ確認するようにしましょう。
    目安金額
    500円〜3,000

    (会葬御礼品~即日香典返しなど)

  • 6
    飲食費用
    飲食費用とは
    お通夜や火葬中、葬儀後などに食事を振る舞う場面で必要になる費用です。料理の内容はもちろんですが、参列人数に対して適切な量を無駄のないように用意すること、また配膳に際しても適切な人数を確保してスムーズな接待が行えるよう準備する必要性があります。
    目安金額
    3,500円〜5,000

    (一人当たりの単価/飲み物は別途で実数精算)

  • 7
    火葬場費用
    火葬場費用とは
    火葬場費用とは、火葬炉の使用料、骨壺や骨箱、休憩室の利用料など、火葬場を利用するにあたり必要な費用のことです。地域差が大きく、市政により施設の大半を無料で利用できる火葬場もあれば、民営でそれなりの料金を必要とする火葬場があります。
    目安金額
    無料20

    (火葬料金、収骨容器、休憩室料金など)

  • 8
    宗教者への謝礼
    宗教者への謝礼とは
    お坊さんへのお布施や戒名、お車代といった宗教者への謝礼も、葬儀費用の一つと言えるでしょう。ただし、料金とは性質が異なるものになりますのでご留意ください。
    目安金額
    20万円〜100万円

    (通夜、葬儀、初七日/戒名など)

なにかお困りですか?
葬儀全般ご相談ください

24時間365
ご相談可能

0120-24-1234
今すぐ電話相談